【スイス在住者によるレポート・2020年6月】スイス、COVID19の影響は?【国際都市ジュネーブの街の様子】

スイスでは、新型コロナウイルスの影響はどうなの?

6月のスイスでは、次々と新型コロナウイルス対策の措置が緩和された。

関連記事

「6月のスイス、都市封鎖(ロックダウン)解除後の国際郵便は?街の様子は?」[sitecard subtitle=関連記事 url=https://riyoblog.com/can-you-enter-switzerland-chan[…]

関連記事

6月3日付け、日本郵便が日本からスイスへの国際郵便物の引受けを6月5日(金)から再開すると発表。「日本からスイスへの国際郵便の引受けの再開」は、Twitterでもスイスに住む日本人の間で、かなり話題になっていた。「何を日本の家族[…]

本記事では、次の順に、新型コロナウイルスの影響に焦点を合わせて、2020年6月のスイスの「国際都市ジュネーブ」の街の様子を写真とともにご紹介する。

2020612日(金)のジュネーブの街の様子

2020620日(土)のジュネーブの街の様子

2020612日(金)のジュネーブの街の様子

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

6月12日、スイス連邦政府によるEU・EFTA諸国等からの入国制限措置の解除が発表された。

ジュネーブの街を車で走り、ファーストフードのお店でお昼ご飯を食べ、知り合いとエスプレッソを飲み、その後Apple Storeに赴いた。

6月12日(金)のジュネーブの街の様子を写真でお伝えする。

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

ジュネーブのシンボル、レマン湖畔で140mの高さまで噴き上げる「Le jet d’eau(大噴水)」も再開していた。

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

ファーストフード店も、路上にテラス席を出している。20°C前後の気温だと、外気に触れながら、サッと食べられるのがいい。

写真のファーストフードは、Piadina(ピアディーナ)。イタリア北部Romagna(ロマーニャ)地方の料理。ツナ・トマト・モッツァレラチーズなどを入れてもらった。11.70 CHF(スイスフラン)。

路上に止めた車の窓を開けたまま、バッグのファスナーが開いたままで、テラス席でPiadinaにかぶりついても、盗難に神経質にならなくてすむ。

入国制限措置の影響で、道を行き交う人は基本的にジュネーブに住んでいる人たちだからだ。ほとんどが一度も会った事ない人が行き交う街中にいるのに、「住民同士の気心が知れた空気」を感じた。別の言い方をすると「得体の知らないよそ者」がいないと言う感じ。

しかし国境が解放されたら、やはりセキュリティに気をつけた方がいい。

と、以前パリに住んでいた事のある私は思った。

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

友達とカフェのテラス席でエスプレッソを楽しむ事ができ嬉しい。

多くの人が衛生に気をつける事が日常的になれば、より外出を楽しめるのではと思う。

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

Apple Storeは、人数制限・体温検査・アルコール消毒・マスク着用の義務がある。

関連記事

「スイスのお店の COVID19 対策は、シッカリしているのか?実態は?」スイスのお店・商店の「お客さんが関わる新型コロナウイルスの対策」に上げられるのは、次の通りだ。・入店前に消毒液で手を洗浄する。・店内でマスクを[…]

ジュネーブのお店の COVID19 対策の実態は?【2020年・3月〜7月の対策の変化】【在住者レポート】

中に入るまでにお店の前に並んで数分待たなければならないが、IPadを持ったスタッフが来店目的・要望を聞きに来てくれるので、効果的。

2020年6月12日(金)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

Apple Storeの中は、人数制限されていて、お店のスタッフが迅速に案内してくれるので、用が早くすんでよかった。

2020620日(土)のジュネーブの街の様子

2020年6月20日(土)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

6月19日、スイス連邦政府は、3月16日に感染症法に基づき発出した「非常事態」宣言を同日付で「特別事態」に引き下げることを発表。

都市封鎖(ロックダウン)緩和期間後の6月末の土曜と言うこともあり、Bel-Air と Rive 間のトラムが走る通りには、ショッピングや散歩で闊歩する人でいっぱいだった。

とは言え、東京の人口密度とは比べ物にならないが。

6月20日(土)のジュネーブの Bel-Air と Rive 間のトラムが通る Rue du Marché(マルシェ通り)の様子を写真でお伝えする。

2020年6月20日(土)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

22°C前後の土曜日。夏のセールが始まって数日経つ。ウィンドーの「50% off」が目に付く。

予想通り、すごい人手。

トラムが通る Rue du Marché(マルシェ通り)は、ほぼ毎分警察の車両が走りセキュリティに気が配られている。

2020年6月20日(土)のジュネーブの街の様子

使用の画像 : RiyoBlog

ご紹介の写真は、Le Rhône(ローヌ川)。Lac Léman(レマン湖)から流れ込んですぐの所だ。

Le Rhône(ローヌ川)は、フランスに流れ込み、最終的に地中海に注ぐ。

ところで、6月、ジュネーブの街の中には、自転車が増えた。

理由の1つは、都市封鎖(ロックダウン)緩和以降あちこちで工事があり、車はすごい渋滞になるからだ。

その代わり、公共交通のバス・トラムは車線が確保されていて、ほぼ時間通り。

晴れの日は、自転車の人も多い。しかし、路上に駐輪するには、チェーンでしっかりくくらないと、盗難にあう。

30年くらい前までは、チェーンなしでも盗まれなかったそう。

まとめ

【スイス在住者によるレポート・2020年6月】スイス、COVID19の影響は?【国際都市ジュネーブの街の様子】

使用の画像 : RiyoBlog

本記事では、下記の順に、新型コロナウイルスの影響に焦点を合わせて、2020年6月のスイスの「国際都市ジュネーブ」の街の様子を写真とともにご紹介した。

2020612日(金)のジュネーブの街の様子

2020620日(土)のジュネーブの街の様子

関連記事

都市封鎖(ロックダウン)緩和後、スイスの義務教育は、どのように行われているの?2020年5月・6月のスイスでは、次々と新型コロナウイルスの対策で行われた都市封鎖(ロックダウン)や措置が緩和されていった。[sitecard sub[…]

関連記事

ヨーロッパ、2020年は猛暑 !? 私が住むスイスでも、7月31日から8月1日にかけて各地で30度を超えた。7月31日、ジュネーブでは、36度ぐらいまで上がった。8月3日現在、雨が降り気温は20度以下だが、晴れの日が続け[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。ポイントは、次の通りだ。7月半ば〜後半現在は、夏休みを楽しみつつも感染しないように「かなり注意が必要な時期」だ。[sitecard[…]

関連記事

2020年10月半ば、ヨーロッパ・スイスに、とてつもなく大きい第2波が来た。10月23日の時点でも、感染者数は上がるのみ。メディアで騒がれているフランスより、10月23日のスイスは高い感染率だ。#欧州の地域別の感染率スイスは[…]

関連記事

都市封鎖(ロックダウン)中の3月後半~4月後半、ジュネーブの街は犬のフンだらけだった。理由は、「犬のフンを始末しない飼い主」が多い上、ジュネーブ市の清掃がほとんどなかったからだ。「ロックダウン緩和」期間に入ってか[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスのお隣フランスでは、8月1日から小売店の店舗などを含む屋内の公共の場でのマスク着用が義務に。スイスでは?(その後フランスは、8月1日からのマ[…]

関連記事

スイスは小さい国ながら、私が以前住んでいた中央集権型のフランスと違い、地方自治制度の政治システムだ。自治主体の自立性が高くその規模が小さいのが、スイスの政治システムの特徴と言われる。スイスでは、新型コロナウイルスの対策も、7[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。7月17日、在スイス日本国大使館から次の3つのお知らせが来た。・スイス連邦移民庁は、7月16日、スイスが7月20日から入国制限措置を解[…]

スイス連邦政府によるEU・EFTA諸国等からの入国制限措置の解除(6月15日から適用)
最新情報をチェックしよう!