スイスへ入国できる?【2020年7月20日からの入国制限措置の変更とまとめ・COVID19対策】

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。

7月17日、在スイス日本国大使館から次の3つのお知らせが来た。

・スイス連邦移民庁は、716日、スイスが720日から入国制限措置を解除する第三国のリストを同庁ホームページに掲載

・(参考)EUEFTA諸国等からの入国制限措置の解除について

・(参考)特定の地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)について

7月22日、スイス連邦内務省保健庁は、新型コロナウイルス感染症対策として、7月6日から実施している特定の国および地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)について、対象となる国および地域のリストを改訂している。
関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。8月8日から新たに適用された『特定の地域からのスイス入国者に対する検疫措置』の内容は、次の記事をご覧いただきたい。[sitecard subtit[…]

その後、さらに対象となる国および地域のリストは改定された。8月8日からの内容は、次の記事でお伝えしている。
関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスに入国はできるけれど、「検疫措置」が義務になる場合がある。「検疫措置」とは、10日間の自己隔離だ。スイスが指定する感染リスクの高[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスへの入国者に対する検疫措置は、世界中の新型コロナウイルスの感染状況によって変わる。日本からスイスへの入国は、7月20日から通常モードで90日[…]

関連記事

スイスでは、新型コロナウイルスの影響はどうなの?6月のスイスでは、次々と新型コロナウイルス対策の措置が緩和された。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://riyoblog.com/swiss-re[…]

本記事では、次の順序で『2020年7月20日からの入国制限措置の変更とまとめ』をご紹介する。

・スイス連邦移民庁による2020720日からの第三国の入国制限措置の変更

・スイス連邦政府によるEUEFTA諸国等からの入国制限措置の解除(615日から適用)

・スイス連邦内務省保健庁発表、感染リスクが増加している国・地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)(76日から適用)

・在スイス日本国大使館と在ジュネーブ領事事務所の連絡先

スイス連邦移民庁による2020720日からの第三国の入国制限措置の変更

スイス連邦移民庁による2020年7月20日からの第三国の入国制限措置の変更

使用の画像 :  Pexels より

スイス連邦移民庁は、7月16日、スイスが新型コロナウイルス感染防止のために実施していたスイスへの入国制限措置等の緩和措置として、7月20日からスイスへの入国制限措置を解除する第三国のリストを同庁ホームページに掲載(現在は消去)。

次の順にお伝えする。

720日からスイスへの入国制限措置が解除される第三国のリスト

・スイスへの入国可否例

720日からスイスへの入国制限措置が解除される第三国のリスト

以下に記載の国々からの渡航者は、スイスへの入国について、2020年7月20日から通常の要件が適用される。

つまり、コロナ禍以前の状況に戻る。

・アルジェリア

・アンドラ

・オーストラリア

・ブルガリア

・ジョージア

・アイルランド

・日本

・カナダ

・クロアチア

・モロッコ

・モナコ

・ニュージーランド

・ルワンダ

・ルーマニア

・サンマリノ

・韓国

・タイ

・チュニジア

・ウルグアイ

・バチカン

・キプロス

以上に掲載されていない第三国からスイスへの入国は、引き続き入国制限措置が適用される。

その後、88日導入の「スイスへの入国制限措置が解除される第三国のリスト」が改定された。
関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。8月6日、スイス連邦移民庁は、「入国制限措置が解除された第三国のリスト」の1回目の改訂をした。スイス連邦政府は、新型コロナウイルス感染防止[…]

【スイスの入国情報・2020年8月8日から】1回目の改訂 ! 【入国制限措置が解除される第三国のリスト】

スイスへの入国可否例

スイス連邦移民庁のホームページからわかるスイスへの入国可否例は、次の通りだ。

・スイス国民は、どの国からでもスイスへの入国が可能。

・シェンゲン協定加盟国の国民も同様に可能。

・人の移動の自由協定を締結しているEUEFTA諸国の国民も同様に可能。

・例えば、カナダ国民は、カナダから直接スイスへ入国が可能。

しかし、仮にこの人が連邦保健庁の定める感染リスクが増加している国(例えば米国)に居住している場合は、同国から直接スイスへ入国することはできない。また、高リスク国(例えば英国)を経由してスイスに入国することもできない。

・(例えば)米国は、感染リスクが増加している国のリストに含まれているため、米国の市民権を持つ人は、米国から直接スイスへ入国することはできない。

しかし、この人が、カナダに居住ないしは現在滞在している場合は、通常の入国要件を満たしていればカナダから直接スイスへの入国が可能。

とは言え、8月8日から適用される『特定の地域からのスイス入国者に対する検疫措置』を見ると、米国は、スイス入国後「10日間の自己隔離」が義務付けられる国のリストに入っている。

なので、米国からスイスに入国はできるが、検疫措置があると考えていいだろう。
関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスに入国はできるけれど、「検疫措置」が義務になる場合がある。「検疫措置」とは、10日間の自己隔離だ。スイスが指定する感染リスクの高[…]

スイス連邦政府によるEUEFTA諸国等からの入国制限措置の解除(615日から適用)

スイス連邦政府によるEU・EFTA諸国等からの入国制限措置の解除(6月15日から適用)

使用の画像 :  Pexels より

在スイス日本国大使館によると、次の通りだ。

スイス連邦政府によるEU・EFTA諸国等からの入国制限措置の解除(6月15日から適用)については、2020年6月12日付、在スイス日本国大使館領事メールでご案内いたしておりますので、以下をご覧ください。

在スイス日本国大使館 領事メール(2020年6月12日付)

https://www.ch.emb-japan.go.jp/files/100064204.pdf

 

スイス連邦内務省保健庁発表、感染リスクが増加している国・地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)(76日から適用)

スイス連邦内務省保健庁発表、感染リスクが増加している国・地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)(7月6日から適用)

使用の画像 :  Pexels より

こちらも、在スイス日本国大使館によると、次の通りだ。

スイス連邦内務省保健庁発表、感染リスクが増加している国・地域からスイスへ入国する者に対する検疫措置(10日間の自己隔離)(7月6日から適用)についても、2020年7月2日付、在スイス日本国大使館領事メールでご案内いたしておりますので、以下をご覧ください。

在スイス日本国大使館 領事メール(2020年7月2日付)

https://www.ch.emb-japan.go.jp/files/100070829.pdf

在スイス日本国大使館と在ジュネーブ領事事務所の連絡先

在スイス日本国大使館と在ジュネーブ領事事務所の連絡先

使用の画像 : RiyoBlog

在スイス日本国大使館と在ジュネーブ領事事務所の連絡先は次の通りだ。

・在スイス日本国大使館 領事班

電話:031 300 2222

Fax :031 300 2256

メール:consularsection@br.mofa.go.jp

ホームページ:https://www.ch.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

・在ジュネーブ領事事務所(ジュネーブ州、ヴォー州、ヴァレー州およびティチーノ州にお住まいの方)

電話:022 716 9900

Fax :022 716 9901

メール:consulate@br.mofa.go.jp

ホームページ:https://www.geneve.ch.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスへの入国者に対する検疫措置は、世界中の新型コロナウイルスの感染状況によって変わる。日本からスイスへの入国は、7月20日から通常モードで90日[…]

関連記事

ヨーロッパ、2020年は猛暑 !? 私が住むスイスでも、7月31日から8月1日にかけて各地で30度を超えた。7月31日、ジュネーブでは、36度ぐらいまで上がった。8月3日現在、雨が降り気温は20度以下だが、晴れの日が続け[…]

関連記事

「6月のスイス、都市封鎖(ロックダウン)解除後の国際郵便は?街の様子は?」[sitecard subtitle=関連記事 url=https://riyoblog.com/can-you-enter-switzerland-chan[…]

関連記事

この記事は、在ジュネーブ領事事務所からいただいた情報とジュネーブ州政府のサイトを元に作成。7月27日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせを受けた。ジュネーブ州では、7月28日午前8時から、商業施設におけるマスクの着用が義務化[…]

関連記事

スイスでは、新型コロナウイルスの影響はどうなの?6月のスイスでは、次々と新型コロナウイルス対策の措置が緩和された。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://riyoblog.com/swiss-re[…]

関連記事

6月3日付け、日本郵便が日本からスイスへの国際郵便物の引受けを6月5日(金)から再開すると発表。「日本からスイスへの国際郵便の引受けの再開」は、Twitterでもスイスに住む日本人の間で、かなり話題になっていた。「何を日本の家族[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報を元に作成。最新情報はページの上、過去の情報はページの下に記載。古くなり過ぎた情報は、消去している。家族や友達と会ったり夏休みを楽しむのに、飛行機で移動する事もある。新型コロナウ[…]

関連記事

都市封鎖(ロックダウン)緩和後、スイスの義務教育は、どのように行われているの?2020年5月・6月のスイスでは、次々と新型コロナウイルスの対策で行われた都市封鎖(ロックダウン)や措置が緩和されていった。[sitecard sub[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。ポイントは、次の通りだ。7月半ば〜後半現在は、夏休みを楽しみつつも感染しないように「かなり注意が必要な時期」だ。[sitecard[…]

関連記事

スイスは小さい国ながら、私が以前住んでいた中央集権型のフランスと違い、地方自治制度の政治システムだ。自治主体の自立性が高くその規模が小さいのが、スイスの政治システムの特徴と言われる。スイスでは、新型コロナウイルスの対策も、7[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスのお隣フランスでは、8月1日から小売店の店舗などを含む屋内の公共の場でのマスク着用が義務に。スイスでは?(その後フランスは、8月1日からのマ[…]

関連記事

この記事は、在ジュネーブ領事事務所から届いた情報とティチーノ州政府のサイトを元に作成。7月17日、在ジュネーブ領事事務所から次の2つのお知らせを受けた。・ティチーノ州政府は、新型コロナウイルス感染症の対策措置を7月20日[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスでは、7月6日から公共交通機関を利用する時に、マスクの着用が義務となった。[sitecard subtitle=関連記事 url=h[…]

関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。7月8日、在スイス日本国大使館から次の3つのお知らせが来た。・スイス北部、ドイツ語圏4州(アールガウ州、バーゼル・ラント準州、バーゼル[…]

関連記事

「スイスのお店の COVID19 対策は、シッカリしているのか?実態は?」スイスのお店・商店の「お客さんが関わる新型コロナウイルスの対策」に上げられるのは、次の通りだ。・入店前に消毒液で手を洗浄する。・店内でマスクを[…]

ジュネーブのお店の COVID19 対策の実態は?【2020年・3月〜7月の対策の変化】【在住者レポート】
関連記事

2020年10月半ば、ヨーロッパ・スイスに、とてつもなく大きい第2波が来た。10月23日の時点でも、感染者数は上がるのみ。メディアで騒がれているフランスより、10月23日のスイスは高い感染率だ。#欧州の地域別の感染率スイスは[…]

スイス連邦政府によるEU・EFTA諸国等からの入国制限措置の解除(6月15日から適用)
最新情報をチェックしよう!