【10月21日、大阪府ぐらいの人口のスイスは、24時間で5583人の新規感染者】28日に新たな措置発表か

記事を聞きたい方は、音声動画かポッドキャストからどうぞ。

スイス連邦内務省保健庁の1021日の発表によると、20日からの新規感染者は、5583と過去最多数を記録。

一瞬、目を疑ったが、スイス連邦政府のサイトにある PDF ファイルにもしっかりある。

10月21日、過去最多の1日の新規感染者が記録された ! 

関連記事

9月23日ごろまで半袖で出かけられたスイスのジュネーブも、秋本番。9月27日日曜日の夕方は、かなり温度が下がった。#ジュネーブ街を行き交う人の装いが、いきなり冬っぽくなった。 pic.twitter.com/LkLvK1[…]

ちなみに、大阪府の人口はおよそ882万人スイスの人口は、およそ860万人だ。

本記事では、次の順に、1021日の RTS(スイス・ロマンド放送)によるスイス連邦政府の記者会見の記事を日本語訳とともにご紹介する。

・スイス連邦政府は、来週の水曜日(1028日)、新たな措置を取る可能性が高い !

・スイスを襲う新型コロナウイルスの第2波、セミ・ロックダウンは、ありえる !

スイス連邦政府は、来週の水曜日(1028日)、新たな措置を取る可能性が高い !

14h50

Alain Berset : « Il est probable que nous prenions d’autres mesures mercredi prochain »

1450

アラン・ベルセ氏によると、「来週の水曜日、新たな措置を取る可能性が高い。」

Le conseiller fédéral Alain Berset a fait le point sur l’épidémie de coronavirus en Suisse lors d’une conférence de presse.

アラン・ベルセ連邦議員は記者会見で、スイスのコロナウイルスの感染拡大について最新情報を発表した。

« La situation se dégrade vite, plus vite que l’on pouvait l’imaginer. Selon la task force scientifique, les cas doublent chaque semaine. Et pas seulement les cas positifs aux tests, mais aussi les hospitalisations. C’est ce qui nous préoccupe le plus. Si ce chiffre double chaque semaine, ça peut devenir extrêmement problématique », a indiqué le ministre de la santé.

「想像以上に早く、急速に状況が悪化している。科学的対策本部によると、毎週、感染者が倍増しているという。そして、陽性反応が出るケースだけでなく、入院患者も。これが一番気になるところだ。この数字が毎週2倍になると、非常に問題になりかねない」とアラン・ベルセ厚労相。

Ce dernier a ajouté que la situation en Suisse s’est aggravée très rapidement. « Il y a trois semaines, nous avions une situation qui était l’une des meilleures sur le continent européen. Trois semaines plus tard, nous avons une des plus mauvaises. Rien que cela doit nous interpeller », a-t-il déclaré.

アラン・ベルセ厚労相は、スイスの状況は非常に急速に悪化していると付け加えた。

3週間前、スイスは、欧州大陸でもトップクラスの良い状況だった。3週間後には最悪の事態になっている。それだけでも大変なことだ。」

10月1日の時点では、1日の新規感染者数は、550人前後だった。それが、いきなりブワッと増えた。

Alain Berset a annoncé que de nouvelles mesures pourraient être prises prochainement au niveau fédéral.

アラン・ベルセ氏は、連邦レベルでの新たな措置が間もなく取られる可能性があると発表した。

« Si les mesures annoncées dimanche et surtout toutes les mesures prises par les cantons ne montrent pas clairement une inflexion de ces chiffres la semaine prochaine, nous nous préparons à prendre mercredi prochain toute une série de mesures complémentaires, dans les domaines des établissements publics, des rassemblements de personnes, des manifestations privées ou publiques. Il est donc tout à fait possible, c’est même un chemin qui m’a l’air assez probable ou vraisemblable, que mercredi prochain le Conseil fédéral prenne d’autres mesures. »

1018日日曜日に発表された措置、そして何よりも各州が取ったすべての措置が、来週これらの数字に明確に変化を示さない場合、我々は、公共機関、人々の集まり、民間または公共のイベントについて、来週の水曜日(1028日)に全ての項目の追加の措置を取る準備をしている。したがって、次の水曜日には、連邦評議会は、さらなる措置を取ることになる。私には来週の水曜に新たな措置を取るのは、非常に可能性が高いように思われる。」
関連記事

音声で記事内容を聞きたい方は、音声動画でどうぞ。ご紹介の音声動画で、私が見たフランス語の報道を元にお伝えしています。https://youtu.be/NpuDvIuNj6Q ヨーロッパに、新型コロナウイ[…]

【COVID19・第2波、感染者爆増のスイス】2020年10月18日(日)のスイス連邦政府の緊急会議の内容とは?

スイスを襲う新型コロナウイルスの第2波、セミ・ロックダウンは、ありえる !

15h00

Un semi-confinement pas exclu

15

セミ・ロックダウン(半都市封鎖)は、ありえる

Interrogé par un journaliste sur l’instauration d’un nouveau semi-confinement pour endiguer la propagation du coronavirus, Alain Berset a indiqué que la mesure est « une partie du scénario qui existe ».

ジャーナリストから、「コロナウイルスの感染拡大を食い止めるために新しいセミ・ロックダウンの導入をするのか」質問が出た。アラン・ベルセ氏は、措置は「存在するシナリオの一部」と述べた。

« On cherche le bon chemin. On n’est pas encore dans la situation où on doit envisager cette mesure, mais cela peut changer très vite. Cela dépendra de ce qui va se passer dans les prochains jours. Si rien ne se passe dans l’intervalle, c’est évidemment le point suivant qui arrive. Mercredi prochain, le Conseil fédéral va se pencher sur cette question », a ajouté le conseiller fédéral.

「我々は、正しい道を探している。今のところセミ・ロックダウンを検討しなければならない状況には至っていないが、状況は非常に早く変化する可能性がある。これからの数日でどうなるかにもよるかだ。その間に何も起こらなければ、次の段階に移行するポイントになるのは明らか。来週の水曜日(10月28日)、連邦評議会はこの問題に対処する」とアラン・ベルセ氏は付け加えた。

まとめ

【10月21日、大阪府ぐらいの人口のスイスは、24時間で5583人の新規感染者】28日に新たな措置発表か

使用の画像 : Pexels

本記事では、下記の順に、1021日の RTS(スイス・ロマンド放送)によるスイス連邦政府の記者会見の記事を日本語訳とともにご紹介した。

・スイス連邦政府は、来週の水曜日(1028日)、新たな措置を取る可能性が高い !

・スイスを襲う新型コロナウイルスの第2波、セミ・ロックダウンは、ありえる !

各市民が新型コロナウイルス対策をし、感染状況を確認し、1028日にどんな措置が導入されるのか、見る必要がある。

関連記事

記事を聞きたい方は、音声動画かポッドキャストからどうぞ。https://youtu.be/4uVgCyt10iA2020年10月21日、大阪府ほどの人口のスイスは、1日の新規感染者5583人と過去最多数を記録。スイス連邦政府[…]

【感染者爆増のスイス・ヴァレー州】10月21日、新たな措置発表【ヴァレー州の新たな措置と感染状況】
関連記事

2020年10月半ば、ヨーロッパ・スイスに、とてつもなく大きい第2波が来た。10月23日の時点でも、感染者数は上がるのみ。メディアで騒がれているフランスより、10月23日のスイスは高い感染率だ。#欧州の地域別の感染率スイスは[…]

関連記事

本記事は、10月17日に公開したが、早速22日に変更があった。10月22日に発表された夜間外出禁止令の変更について、音声で聴きたい方は、ポッドキャストか音声動画からどうぞ。https://youtu.be/RQivxni_2-U[…]

【COVID19 爆増のフランス、2020年10月17日から夜間外出禁止令】スイスに隣接している都市は? « Couvre-feu »とは?
関連記事

ヨーロッパには、トイレの後や食事の前に手を洗わない人が結構いる。2020年3月、コロナウイルス(COVID19)対策のため、ヨーロッパ各国はイタリアの後を追う形で、教育機関は休校。人と人が直接触れ合わない形で、オンライン授業をするところ[…]

関連記事

「硬水」の地域で「手がガサガサになる・肌が荒れる」からと言って、次の事をするのは衛生的に間違いだ。・手をできるだけ洗わない。・入浴をできるだけ控える。・髪をできるだけ洗わない。日本に生まれ育った方[…]

関連記事

10月7日、在スイス日本国大使館は、次のベルン州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。・新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の実施・ドライブインコロナテストセンター9月24日にも、ベルン州は、「コ[…]

スイス・ベルン州、ドライブインPCR検査が再開し、感染者数が爆増 !?【2020年10月7日発表・同州政府の独自措置】
関連記事

みなさんは、「ネットショッピングで、代金を支払ったのに、商品が届かない ! 」なんて経験はないだろうか?9月30日、在スイス日本国大使館から次のお知らせをいただいた。インターネットを悪用した犯罪(詐欺)が多く発生しているため、イ[…]

関連記事

2020年3月16日に、スイス連邦政府は「感染症法に基づく非常事態宣言」を発表したが、記者会見では「遅すぎる決定じゃなかったのか?」と言う質問が出た。2月の終わりに、スイスでも「新型コロナウイルス」の感染が報告され始め、日本語の授業[…]

関連記事

「スイスで生活するのに知っておいた方がいいポイント」は、次の3つだ。・いつも、何事にも、「プランB」を用意しておく。・情報にアクセスしやすい環境を整え、「的確な情報」を得ておく。・一方で、「リラックスする時間」を[…]

【10月21日、大阪府ぐらいの人口のスイスは、24時間で5583人の新規感染者】28日に新たな措置発表か
最新情報をチェックしよう!