【感染者爆増のスイス・ヴァレー州】10月21日、新たな措置発表【ヴァレー州の新たな措置と感染状況】

記事を聞きたい方は、音声動画かポッドキャストからどうぞ。
20201021、大阪府ほどの人口のスイスは、1日の新規感染者5583と過去最多数を記録。

スイス連邦政府は、記者会見を行って、1018日日曜日の措置が何の功を奏さないなら、1028日(水)に国主導で新しい措置をとる可能性が高い事を発表した。

関連記事

音声で記事内容を聞きたい方は、音声動画でどうぞ。ご紹介の音声動画で、私が見たフランス語の報道を元にお伝えしています。https://youtu.be/NpuDvIuNj6Q ヨーロッパに、新型コロナウイ[…]

【COVID19・第2波、感染者爆増のスイス】2020年10月18日(日)のスイス連邦政府の緊急会議の内容とは?

1028日(水)、国主導で新しい措置を導入する際、セミ・ロックダウン(半都市封鎖)もあり得るとの事だった。

関連記事

記事を聞きたい方は、音声動画かポッドキャストからどうぞ。https://youtu.be/bT64hPAwxkoスイス連邦内務省保健庁の10月21日の発表によると、20日からの新規感染者は、5583人と過去最多数を記録。[…]

【10月21日、大阪府ぐらいの人口のスイスは、24時間で5583人の新規感染者】28日に新たな措置発表か

感染者数が多いジュネーブ州政府は、まだ何も発表しないものの、1021日、ヴァレー州政府は新たな措置を発表した。

ヴァレー州は、地図で見ると次のようになる。

本記事では、次の順に、20201021日、「ヴァレー州政府の新型コロナウイルス感染症の追加の措置」と10月のスイス・ヴァレ州の「感染拡大の状況」についてご紹介する。

1022日導入のスイス・ヴァレー州の新たな措置は、フランスの「夜間外出禁令」みたい !?

・スイス・ヴァレー州の10月の感染者推移はスイスで一番爆発的 !?

・なぜ、ヴァレー州はスイスで一番感染爆発しているのか?

この記事は、連日、在ジュネーブ領事事務所から届く情報、スイス連邦政府保健局のサイト、RTS(スイス・ロマンド放送)のサイトを元に作成。

1022日導入のヴァレー州の新たな措置は、フランスの「夜間外出禁止令」みたい !?

10月22日導入のヴァレー州の新たな措置とは?

ヴァレ州政府

1021日、ヴァレー州政府は、 新型コロナウイルス感染症に関するこれまでの対策措置に加えて、1022日から最長で1130日まで新たな措置も実施する旨発表した。

新たに実施される措置は、次のとおりだ。

・勤務先(車内を含む)、特に行政機関や民間企業のオフィス内において、マスクの常時着用の義務付け。

ただし医療上の理由や治安当局の命令に依る例外を除く。(その場合、社会的距離を遵守。)

一人で勤務している人には、着用義務は課されない。

公共の場、特に広場、遊歩道、歩道、小道、公園において、10人を超える集会の禁止

私的空間において、10人を超える集会や会合の禁止

・公的・私的空間における、10人を超えるイベントや活動の禁止。(重要な公共の利益がある場合には、例外について州政府より発表。)

・深刻な場合を除き、病院・社会医療施設(EMS)への訪問の停止

バー、ナイトクラブ、ディスコ、ピアノバーなどの完全閉鎖

公に開かれた施設(カフェ、レストラン、喫茶店、パブ、銘醸ワイン産地直売所など)は、連日、遅くとも22時までに閉店

・これら施設において同一のテーブルに着席する人数の上限を4とする。ただし、同一世帯の場合を除く。

・高等教育の学校は、遠隔授業のみとする。

娯楽施設(映画館、劇場、ミュージアム、図書館、メディアセンター、フィットネスセンター、福祉センター、プール、公衆浴場、ボウリング場、コンサートホールなど)の閉鎖。ただし、ホテル内の宿泊客のみを対象とした設備を除く。

接触を伴うスポーツ(サッカー、バスケットボール、ホッケー、格闘技)の禁止。ただし、プロ選手による非公開でのプレーや個人の練習は除く。

20201014日フランス政府発表の「フランスの夜間外出禁止令」に少し似ているが、スイス・ヴァレ州の新しい措置は、強制的に一定の時間までに自宅に帰らなければいけない決まりはない。

関連記事

本記事は、10月17日に公開したが、早速22日に変更があった。10月22日に発表された夜間外出禁止令の変更について、音声で聴きたい方は、ポッドキャストか音声動画からどうぞ。https://youtu.be/RQivxni_2-U[…]

【COVID19 爆増のフランス、2020年10月17日から夜間外出禁止令】スイスに隣接している都市は? « Couvre-feu »とは?

スイス・ヴァレー州の10月の感染者推移はスイスで一番爆発的 !?

スイス・ヴァレー州の10月の感染者推移は爆発的 !?

スイス連邦政府保健局

今日、1021日、ヴァレー州政府が新たな措置を発表したと聞いて、スイス連邦政府のサイトを見て、ビックリ。

104日ごろまで16人前後だったのが、1019日に509

ご紹介のグラフは、スイス連邦政府保健局が出しているものだ。

ヴァレー州は、ジュネーブ州やローザンヌがあるヴォー州に比べ、感染者が少なかった。104日ごろまでは。

私は、ヴァレー州の感染者数の推移にはあまり関心を払ってなくて、今状況を知ったばかりだ。

関連記事

9月23日ごろまで半袖で出かけられたスイスのジュネーブも、秋本番。9月27日日曜日の夕方は、かなり温度が下がった。#ジュネーブ街を行き交う人の装いが、いきなり冬っぽくなった。 pic.twitter.com/LkLvK1[…]

なぜ、ヴァレー州はスイスで一番感染爆発しているのか?

RTS によるヴァレー州の新しい措置に関する報道と、ヴァレ州議会員 Frédéric Favre(フレデリック・ファーヴル)氏の言葉

使用の画像 : Pexels

RTS(スイス・ロマンド放送)による「ヴァレー州の新しい措置に関するニュース」と、ヴァレー州議会員 Frédéric Favre(フレデリック・ファーヴル)氏の言葉をご紹介する。

18h38

Mesures drastiques en Valais et renforcement dans plusieurs cantons

Plusieurs cantons ont annoncé mercredi de nouvelles mesures pour stopper la deuxième vague de la pandémie de Covid-19. C’est le Valais, canton le plus touché par les nouvelles infections au cours des 14 derniers jours, qui a pris les mesures les plus sévères. Elles entreront en vigueur dès jeudi et doivent perdurer jusqu’au 30 novembre.

Les rassemblements privés et publics de plus de 10 personnes sont désormais interdits. La mesure concerne tant les fêtes d’anniversaire à domicile que les matchs de football, qui auront donc lieu à huis clos. Tous les lieux de divertissements devront, eux, fermer leur porte, des musées aux salles de sport en passant par les cinémas et autres bibliothèques. Quant aux restaurants et bars, ils pourront rester ouverts mais devront tirer le rideau à 22 heures.

1838

ヴァレーでの抜本的な対策と複数の州での追加措置

スイスのいくつかの州は水曜日にCOVID19パンデミックの第2波をくい止めるための新しい措置を発表した。過去14日間、スイスで最も新たな感染者数が爆増したヴァレー州は、最も厳しい措置をとった。措置は、1022日木曜日に導入され、1130日まで続く予定だ。

10人以上の公私の集まりは禁止になった。この措置は、家での誕生日パーティーやサッカーの試合にも関係がある。サッカーの試合は観客なしで行われる。博物館、美術館、フィットネスクラブ、映画館、図書館など、娯楽施設はすべて閉業しなければならない。レストランやバーは営業可だが、午後10時には閉店しなければならない。

興味深いのは、RTSinfo のインタビューに答えるヴァレー州議会の Frédéric Favre(フレデリック・ファーヴル)氏の言葉。

ジャーナリストが、「なぜヴァレー州がスイスで一番爆発的な感染拡大が起こっているのか理由はハッキリしていないのですか?」と言う問いに対して、Frédéric Favre 氏は、次のように答えている。

感染拡大の理由がわかっていたら、既に別の措置を取っている我々は、ラテン民族的だからか、人に会うのが好きだからか、物理的な対策がキチンとされていなかったか

とは言え、ジャーナリストは、「先週末から日曜にかけて、ヴァレー州の自治体の選挙で、人々は乾杯したりビーズ(ほおを近づける挨拶)をしていましたよね。ヴァレー州議会の責任者としてどうお考えですか?」とツッコンでいた。

10月17日〜18日ごろにこの状態なら、これからもっと感染者が増えるだろう。

ヴァレー州に1〜2ヶ月前に滞在された方も、レストランの従業員がマスクなしだったと報告している。

ヴァレー州は、観光客が多かったそうだ。爆速の感染拡大の原因に、観光客や人々が移動し集まる事が挙げられる。

とは言え、経済的な危機もあり、そう簡単にロックダウンに踏み切れないのがスイスだ。

新型コロナウイルスが空気感染、飛沫感染、接触感染するなら、各市民と行政が適切な対策をしたら、感染者数は少なくなるだろう。

まとめ

【感染者爆増のスイス・ヴァレー州】10月21日、新たな措置発表【ヴァレー州の新たな措置と感染状況】

使用の画像 : Pexels

本記事では、下記の順に、20201021日、「ヴァレー州政府の新型コロナウイルス感染症の追加の措置」と10月のスイス・ヴァレ州の「感染拡大の状況」についてご紹介した。

1022日導入のスイス・ヴァレー州の新たな措置は、フランスの「夜間外出禁令」みたい !?

・スイス・ヴァレー州の10月の感染者推移はスイスで一番爆発的 !?

・なぜ、ヴァレー州はスイスで一番感染爆発しているのか?

関連記事

ヨーロッパには、トイレの後や食事の前に手を洗わない人が結構いる。2020年3月、コロナウイルス(COVID19)対策のため、ヨーロッパ各国はイタリアの後を追う形で、教育機関は休校。人と人が直接触れ合わない形で、オンライン授業をするところ[…]

関連記事

「硬水」の地域で「手がガサガサになる・肌が荒れる」からと言って、次の事をするのは衛生的に間違いだ。・手をできるだけ洗わない。・入浴をできるだけ控える。・髪をできるだけ洗わない。日本に生まれ育った方[…]

関連記事

2020年10月半ば、ヨーロッパ・スイスに、とてつもなく大きい第2波が来た。10月23日の時点でも、感染者数は上がるのみ。メディアで騒がれているフランスより、10月23日のスイスは高い感染率だ。#欧州の地域別の感染率スイスは[…]

関連記事

10月7日、在スイス日本国大使館は、次のベルン州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。・新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の実施・ドライブインコロナテストセンター9月24日にも、ベルン州は、「コ[…]

スイス・ベルン州、ドライブインPCR検査が再開し、感染者数が爆増 !?【2020年10月7日発表・同州政府の独自措置】
関連記事

「スイス入国後に「自己隔離が必要な国」の6回目の改訂」をご紹介した記事で、次のように書いた。9月26日の時点で、スイスの隣国フランスは、1日当たりの新規感染者14412人を記録。そして、フランス、2週間後の10月10日、26[…]

関連記事

2020年10月8日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせが来た。スイス・ティチーノ州政府は、10月9日から「新型コロナウイルス感染症の対策措置」を強化する。数日前に「イタリアは感染の第2波を抑え込んでいる」と書いたのだが、イ[…]

関連記事

2020年3月16日に、スイス連邦政府は「感染症法に基づく非常事態宣言」を発表したが、記者会見では「遅すぎる決定じゃなかったのか?」と言う質問が出た。2月の終わりに、スイスでも「新型コロナウイルス」の感染が報告され始め、日本語の授業[…]

関連記事

新型コロナウイルスの第1波のロックダウンの間、商店・レストランなど閉まり、普段オフィスで働く人もリモートワークで自宅から仕事をした。スイス・ジュネーブでも同じだ。しかしロックダウンの間、レストラン業でも閉店せず、仕事をし[…]

【第1波の都市封鎖・2020年3月】スイスのロックダウンはイタリア・フランスより緩かった !?
関連記事

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とスイス連邦政府のサイトを元に作成。スイスのお隣フランスでは、8月1日から小売店の店舗などを含む屋内の公共の場でのマスク着用が義務に。スイスでは?(その後フランスは、8月1日からのマ[…]

【感染者爆増のスイス・ヴァレー州】10月21日、新たな措置発表【ヴァレー州の新たな措置と感染状況】
最新情報をチェックしよう!