チューリッヒの感染者数は?【2020年9月24日チューリッヒ州政府発表・COVID19独自措置の変更と延長】

チューリッヒ州、大都市な割に、対策が緩い !?

924日、在スイス日本国大使館は、次のスイス・ドイツ語圏2州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。

・ベルン州でのコロナ禍における大規模イベント開催などについて

・チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長について

関連記事

9月24日、在スイス日本国大使館は、次のスイス・ドイツ語圏2州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。・ベルン州でのコロナ禍における大規模イベント開催などについて・チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のため[…]

スイスの対策は、感染者がある程度増えてから対策を取り始める「後出しジャンケン」的傾向がある。

関連記事

スイスは、「新型コロナウイルス」の感染者が出始めると、ようやく「マスク・人数制限・客の連絡先リスト」などの対策を始める。なので、感染者がほとんどいない所・少ない所では、対策はされていない。スイスでは、政策として導入されていなくても、[…]

ご紹介の記事に記載した通り、チューリッヒ州は、8月末、ヌーシャテル州、バーゼル・シュタット準州とほぼ同時期に、「独自の措置」を取り出した。

924日、「独自の措置」の変更と延長をした理由の1つとして、次のような疑問が浮かぶ。

チューリッヒ州の感染状況は、どう推移しているのか?

チューリッヒ州の状況は、危機的なのか?

チューリッヒ州は、スイスの重要な経済都市で、膨大な数の金融、多国籍企業の拠点となっている。

チューリッヒ州の人口は、スイス最大だ。

本記事では、次の順に、2020924日発表の「チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長」と「チューリッヒ州の感染状況」をカンタンにご紹介する。

・チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長とは?

・チューリッヒ州の感染状況は?危機的なのか?

・チューリッヒ州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とチューリッヒ州政府のサイトを元に作成。

チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長とは?

チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長とは?

使用の画像 : Pexels

924日、チューリッヒ州は、現在実施中の新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置を一部変更するとともに同措置を10月末まで延長すると発表した。

1. マスク着用義務(変更なし)

飛沫による感染防止のため、全ての店舗、ショッピングセンターおよび市場の屋内において、 マスク着用が義務化

2. 飲食店における連絡先リストの作成(変更なし)

感染経路特定のため、飲食店は、客の連絡先リストの作成。

(家族を含むグループ客の場合は、その代表者1人分の連絡先を把握)が義務づけられる。

3. 入場制限(変更)

3. 入場制限(変更)

使用の画像 : Pexels

入場制限についての変更後と当初の措置は、次の通りだ。

【変更後】全面着席形式の店舗を除く飲食店、バー、クラブなどの屋内における入場制限について、マスクの着用を条件に入場者数が同時に100人から300人に引き上げられる。屋外エリアを加えた全体の入場者は、同時に300人以内に制限される。

【当初】 全面着席形式の店舗を除く飲食店、バー、ディスコ、クラブ、ダンスホールなどにおいて、入場者数が同時に100人以内に制限される。屋外エリアを加えた全体の入場者は、同時に300人以内に制限される。

マスクをすれば、コロナ禍と言え、通常の営業や生活により近くできると、チューリッヒ政府は考えているのだろう。

1波の最中の4月半ば、まだジュネーブのほとんどの薬局にマスクがなかった頃、人伝てに聞いて、私はトルコ人が経営する薬局にマスクを買いに行った。

その時、薬局の担当の人が、次のように言った事を思い出す。

「みんながマスクをすれば、通常の生活が送れるんだよ。」

そして、次のようなやり取りをした。

私 : 「うーん、まあ、確かに日本ではコロナ禍の前からマスクをしている人が多いらしい。でも、マスクは一体、いくらなんですか?」

薬局の人 :50枚入りで60フラン(6000円相当)。」

私 : 「高い ! 高過ぎます。でも…1箱買います。」

3. 入場制限(変更)

使用の画像 : RiyoBlog

9月末、50枚60フランのマスクは、ストックとして取っておいてあるので、実はまだ使っていない。レシートもそのまま保管。

5月以降、かなり値段が下がって、スーパーなどでも売り出されるようになり、安く買えたのを使っているからだ。

そして、私が住んでいるジュネーブでは、7月末から店内でのマスク着用が義務になった。

関連記事

この記事は、在ジュネーブ領事事務所からいただいた情報とジュネーブ州政府のサイトを元に作成。7月27日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせを受けた。ジュネーブ州では、7月28日午前8時から、商業施設におけるマスクの着用が義務化[…]

4. イベントの開催(変更)

4. イベントの開催(変更)

使用の画像 : Pexels

イベントの開催についての変更後と当初の措置は、次の通りだ。

【変更後】屋内における参加者が100人を超えるイベントまたは屋内外における参加者が300人を超えるイベントについては、社会的距離の確保またはマスク着用のいずれかが可能な場合にのみ開催可能となる。

【当初】 100人を超えるイベントについては、感染防止措置、1.5m以上の社会的距離の確保またはマスク着用のいずれかが可能な場合にのみ開催可能となる。当該制限は、スポーツイベント、劇場公演、映画上映、コンサート、教会などにおける宗教儀式、ホリデーキャンプに加え、結婚式や誕生日会などの私的イベントにも適用される。

私としては、屋内に23人でも、閉め切った場所ならマスクを着用したい。

5. 適用期間(延長)

2020827日(木)から同年1031日(土)まで

10月の終わりまでに、改定・延長されるだろう。

何と言っても、スイスの隣国フランスでは、適切な措置がなければ、これからもっと寒くなる秋・冬にかけて多くの重症患者が出ると言われているのだ。

チューリッヒ州の感染状況は?危機的なのか?

チューリッヒ州の感染状況は?危機的なのか?

スイス連邦政府保健局

2020年9月末、チューリッヒ州は、「レッドゾーン(危険ゾーン)」ではない。

ご紹介のグラフは、チューリッヒ州の感染者数の推移だ。

チューリッヒ州では、第1波が静まった後1ヶ月ぐらいで、6月半ばくらいから感染が拡大し始め、826日には、1日の新規感染者110人を記録。

そして9月上旬に、チューリッヒ州は、「レッドゾーン」に入った。

スイスが指定する「レッドゾーン(危険ゾーン)」の基準値は、「過去14日間の10万人当たりの感染者数」が60人。

60人を超えると、「レッドゾーン」に分類される。

チューリッヒ州は、1日の感染者数が他の州より多く報告されても、州内の人口が多いので、すぐには「レッドゾーン」には入らない。

チューリッヒ州の人口は、スイス最大で約154万人。

ジュネーブ州の人口は、約50万人ちょっとだから、チューリッヒ州は、ジュネーブ州の約3倍の人口がある。

チューリッヒ州は、スイスのGDP5分の1以上を占める経済都市で、膨大な数の金融、多国籍企業の拠点となっている。

スイス連邦政府・チューリッヒ州政府ともに、チューリッヒ州の感染拡大をストップさせたいのは間違いない。

8月末にチューリッヒ州政府が「新型コロナウイルス感染症予防の独自措置」を発表してから1ヶ月後の9月末、感染状況はどうだろうか?

この章の初めのグラフを見返すと、チューリッヒ州は感染はあるものの、9月半ば以降は爆発的に数字は伸びていない。

つまり、20209月後半、チューリッヒ州は、「レッドゾーン」には入っていない。

ご紹介の記事で、統計を元に「9月のスイスの感染者数の推移」をお伝えしている。

関連記事

8月24日、スイスは新学期が始まった。しかし8月末、フランスで1日の新規感染者が5000人超えの日を記録したり、欧州全体、感染が拡大している。スイスもだ。9月の州ごとの感染状況を見ていると、ヴォー州の感染拡大は、[…]

チューリッヒ州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

チューリッヒ州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先チューリッヒ州政府

在スイス日本国大使館領事班

電話:031 300 2222

Fax 031 300 2256

メール:consularsection@br.mofa.go.jp

ホームページ:https://www.ch.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

まとめ

チューリッヒの感染者数は?【2020年9月24日チューリッヒ州政府発表・COVID19独自措置の変更と延長】

使用の画像 : Pexels

本記事では、下記の順に、2020924日発表の「チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長」と「チューリッヒ州の感染状況」をご紹介した。

・チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置の一部変更および延長とは?

・チューリッヒ州の感染状況は?危機的なのか?

・チューリッヒ州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

20208月後半にかけて、勢いよく感染拡大していたが、チューリッヒ州政府の「独自措置」が導入されてから、統計を見る限り感染拡大は少し静かになってきている。

20209月後半、チューリッヒ州は、「レッドゾーン」には入っていない。

チューリッヒ州政府の「独自措置」が功を奏しているのか?

市民の行動が適切だからか?

それとも別の要因があるのか?

関連記事

9月後半、スイスの隣国フランスでは、1日当たりの新規感染者が、13000人超えの日が続く。9月26日の時点で、フランスは14412人を記録。そして、フランスでは、1000以上のクラスター感染が確認されている。クラスタ[…]

関連記事

8月上旬に、ドイツ在住のやまえりさんがスイスのグリンデルワルトとツェルマットを訪れた際、次のようなツイートをされていた。・スイス(グリンデルワルトとツェルマット)は、ほぼコロナ対策はしていないに等しいな…ドイツ・デュッセルドルフ在住[…]

関連記事

9月15日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせをいただいた。ヴォー州政府による「新型コロナウイルス感染症の追加的な措置」が、9月17日(木)15時から実施される。9月の州ごとの感染状況を見ていると、ヴォー州の感染拡大は、グワーっ[…]

関連記事

スイスのイタリア語圏・ティチーノ州は、「新型コロナウイルス」の第1波で、被害が深刻だった。北イタリアのロンバルディア地方に隣接しているからだ。第1波が収まっても、6月末、ティチーノに感染者が少し出始めてすぐ、7月上旬に、ティチー[…]

関連記事

9月、スイスはジュネーブ州、チューリッヒ州、ローザンヌがあるヴォー州、フリブール州など、都市部に感染者が増えている。9月4日の時点で、ヴォー州の「過去14日間の10万人当たりの住人の感染者数」は、113人。ジュネーブ州は、108人。「レ[…]

関連記事

9月2日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせをいただいた。・ジュネーブ州政府は、飲食物を提供するナイトクラブなどの閉鎖措置を延長する。ジュネーブ州は、第1波の時もそうだったが、「新型コロナウイルス感染」がスイスの他の地域に比べ拡[…]

最新情報をチェックしよう!