ヌーシャテルの感染者数は?【2020年9月23日、ヌーシャテル州政府発表・COVID19独自措置】

821日から、ヌーシャテル州は、「新型コロナウイルス感染症予防の独自措置」を導入していた。

関連記事

スイスは、「新型コロナウイルス」の感染者が出始めると、ようやく「マスク・人数制限・客の連絡先リスト」などの対策を始める。なので、感染者がほとんどいない所・少ない所では、対策はされていない。スイスでは、政策として導入されていなくても、[…]

しかし、9月半ばから後半にかけて、ヌーシャテル州は、「レッドゾーン(危険ゾーン)」入り

本記事では、次の順に、2020923日発表の「ヌーシャテル州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置」と「ヌーシャテル州の感染状況」をカンタンにご紹介する。

・ヌーシャテル州による「新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置(プライベートイベントの開催)」とは?

・ヌーシャテル州の感染状況は?9月半ば、「レッドゾーン(危険ゾーン)」だった?

・ヌーシャテル州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

この記事は、連日、在スイス日本国大使館から届く情報とヌーシャテル州政府のサイトを元に作成。

ヌーシャテル州による「新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置(プライベートイベントの開催)」とは?

ヌーシャテル州による「新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置(プライベートイベントの開催)」とは?

使用の画像 : Pexles

923日、ヌーシャテル州は、次の「新型コロナウイルス感染症予防の措置」を発表した。

2020101日以降に開催する30人以上が集まる全てのプライベートイベントについて、イベント開催の少なくとも5日前に定型フォームに所要の事項を入力し報告する必要がある。

1.プライベートイベントの定義

一般的に立ち入り可能な施設などでは開催せず、主催者が参加者を知っており、個人的に招待し開催するイベント。

2. プライベートイベントの具体例

2. プライベートイベントの具体例

使用の画像 : Pexles

・家族のお祝い(結婚式、誕生日、会議など)

・民間団体によって計画され、参加者が限られているイベント

・職場のイベント(職場内の会議は除く)

・一般的な集会 ・政治集会(デモを除く)

・トレーニング施設内で開催されるイベント

・観客のいないスポーツイベント

3. その他

定期的に開催するイベントは、1回だけの報告となる。(合唱団のリハーサルなど)。

ヌーシャテル州の感染状況は?9月半ば、「レッドゾーン(危険ゾーン)」だった?

ヌーシャテル州の感染状況は?9月半ば、「レッドゾーン(危険ゾーン)」だった?

スイス連邦政府保健局

ご紹介のグラフは、2020年9月29日までのヌーシャテル州の感染者数の推移だ。

感染が拡大しているのかと思いきや、ヌーシャテル州の9月後半の感染状況は、多くても11315で、全然感染拡大しているように見えない。

911日だけ、22人の感染が報告されていて、そこだけグラフが上がっている。

とは言え、916日ぐらいから、ヌーシャテル州の「過去14日間の10万人当たりの感染者数」は、「レッドゾーン(危険ゾーン)」入り

スイスが指定する「レッドゾーン」の基準値の60人を超え、6365人の日が続いた。

927日のヌーシャテル州の「過去14日間の10万人当たりの感染者数」は、62人。レッドゾーンだ。

929日、ヌーシャテル州は、レッドゾーンではなくなっている。

と思いきや、930日、ヌーシャテル州は、再びレッドゾーン入り。

11315人の感染者が続いただけでも、ヌーシャテル州がレッドゾーンに入ってしまうのは、人口が少ないからだ。

スイス連邦のサイトによると、ヌーシャテル州の人口は、18万人くらいだ。

ヌーシャテル州は、フランスと国境を接している。しかし、ジュネーブ州と違うのは、山続きである事だ。

ジュネーブ州は、フランス側がベッドタウン的で、スイスとフランスを越境して生活している人が多い。

ジュネーブ州でのスイス・フランスの国境は、東京都町田市と神奈川県相模原市、あるいは東京都東村山市と埼玉県所沢市に例えることができる。

新型コロナウイルスの感染拡大は、地理や交通の便とも関係ある。

ご紹介の記事で、ジュネーブ州の地理と人々の生活について、カンタンにお伝えしている。

関連記事

この記事は、在ジュネーブ領事事務所からいただいた情報とジュネーブ州政府のサイトを元に作成。7月27日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせを受けた。ジュネーブ州では、7月28日午前8時から、商業施設におけるマスクの着用が義務化[…]

一方でヌーシャテル州の国境は、神奈川県と静岡県の県境みたいな感じで、箱根の山を越えるイメージを持つ人もいる。

ヌーシャテル州は、適切な対策をしていれば、恐ろしい事態にはならないだろう。

ご紹介の記事では、「スイスの2020年9月の感染者数の推移」をお伝えしている。

関連記事

8月24日、スイスは新学期が始まった。しかし8月末、フランスで1日の新規感染者が5000人超えの日を記録したり、欧州全体、感染が拡大している。スイスもだ。9月の州ごとの感染状況を見ていると、ヴォー州の感染拡大は、[…]

ヌーシャテル州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

ヌーシャテル州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

ヌーシャテル州政府

ヌーシャテル州政府のサイトはフランス語のみだが、わかりやすいページ設計になっている。データもグラフで見られて、情報が把握しやすい。

ヌーシャテル州政府発表 (フランス語のみ)

https://www.ne.ch/autorites/DDTE/SCAV/Pages/Manifestations-privees.aspx

ヌーシャテル州政府(新型コロナウイルス・フランス語のみ)

https://www.ne.ch/autorites/DFS/SCSP/medecin-cantonal/maladies-vaccinations/Pages/Coronavirus.aspx

在スイス日本国大使館領事班

電話:031 300 2222

Fax 031 300 2256

メール:consularsection@br.mofa.go.jp

ホームページ:https://www.ch.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

まとめ

ヌーシャテルの感染者数は?【2020年9月23日発表ヌーシャテル州政府発表・COVID19独自措置】

使用の画像 : Pexles

本記事では、下記の順に、2020923日発表の「ヌーシャテル州による新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置」と「ヌーシャテル州の感染状況」をカンタンにご紹介した。

・ヌーシャテル州による「新型コロナウイルス感染症予防のための独自措置(プライベートイベントの開催)」とは?

・ヌーシャテル州の感染状況は?9月半ば、「レッドゾーン(危険ゾーン)」だった?

・ヌーシャテル州政府の公式発表と在スイス日本国大使館の連絡先

人口が少ない地域では、11315人の感染者が続いただけでも、「レッドゾーン(危険ゾーン)」になってしまう。

ヌーシャテル州は、そこまで感染者が出ていなくても、対策しようとしているように見える。

9月末、ヌーシャテル州の他にも、ベルン州とチューリッヒ州も、「独自の措置」の変更や延長を発表している。

関連記事

チューリッヒ州、大都市な割に、対策が緩い !?9月24日、在スイス日本国大使館は、次のスイス・ドイツ語圏2州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。・ベルン州でのコロナ禍における大規模イベント開催などについて・チュ[…]

関連記事

9月24日、在スイス日本国大使館は、次のスイス・ドイツ語圏2州の「新型コロナウイルス関連の措置」を発表した。・ベルン州でのコロナ禍における大規模イベント開催などについて・チューリッヒ州による新型コロナウイルス感染症予防のため[…]

ご紹介の記事は、「新型コロナウイルス」の総まとめ記事

関連記事

2020年10月半ば、ヨーロッパ・スイスに、とてつもなく大きい第2波が来た。10月23日の時点でも、感染者数は上がるのみ。メディアで騒がれているフランスより、10月23日のスイスは高い感染率だ。#欧州の地域別の感染率スイスは[…]

関連記事

9月15日、在ジュネーブ領事事務所から次のお知らせをいただいた。ヴォー州政府による「新型コロナウイルス感染症の追加的な措置」が、9月17日(木)15時から実施される。9月の州ごとの感染状況を見ていると、ヴォー州の感染拡大は、グワーっ[…]

関連記事

スイスのイタリア語圏・ティチーノ州は、「新型コロナウイルス」の第1波で、被害が深刻だった。北イタリアのロンバルディア地方に隣接しているからだ。第1波が収まっても、6月末、ティチーノに感染者が少し出始めてすぐ、7月上旬に、ティチー[…]

関連記事

9月後半、スイスの隣国フランスでは、1日当たりの新規感染者が、13000人超えの日が続く。9月26日の時点で、フランスは14412人を記録。そして、フランスでは、1000以上のクラスター感染が確認されている。クラスタ[…]

関連記事

8月上旬に、ドイツ在住のやまえりさんがスイスのグリンデルワルトとツェルマットを訪れた際、次のようなツイートをされていた。・スイス(グリンデルワルトとツェルマット)は、ほぼコロナ対策はしていないに等しいな…ドイツ・デュッセルドルフ在住[…]

関連記事

9月、スイスはジュネーブ州、チューリッヒ州、ローザンヌがあるヴォー州、フリブール州など、都市部に感染者が増えている。9月4日の時点で、ヴォー州の「過去14日間の10万人当たりの住人の感染者数」は、113人。ジュネーブ州は、108人。「レ[…]

最新情報をチェックしよう!